【住んでいるとわからない宇都宮市の魅力って!?】高齢者や交通弱者にやさしい街!?

宇都宮市の魅力っていろいろあると思うんですが、住んでいると気づかない点って結構あると思います。

私は、いろんな場所に出張に出かける機会が多いのと、他地域から転居された方と話すことも多いので、宇都宮市の街としての魅力や弱点をこれから急増していく高齢者の方の目線で今回は考えてみます。





まず、大きな視点で見ると海外の都市と比べると日本って山ばっかりで海沿いに都市が密集している場所が多いんですよね。


国内線の飛行機に乗って外を見てるとよくわかります。


山ばっかりで、海沿いの平地に家々が密集しているのが上空から見ると一目瞭然です。


そして、その結果として地震が多い国なのに、危険な海沿いに不動産開発が集中することとなっています。


だいたい、海なし県って栃木県含め48都道府県のうち8県しかありませんからね。

40都府県の多くは沿岸沿いに大都市が集中しているケースがほとんどです。


それも日本の地形によるところが大きいでしょう。


と、、

前置きが長くなりましたが、宇都宮市の大きな魅力として自信を持って言えるのが、、



坂が少な いことです!


比較的フラットな地形で坂が少ないので、徒歩や自転車での移動が容易で交通弱者にとっては大きな魅力となっています。


平らな土地が多いので不動産開発は容易な立地が多いのです。


坂が多いとか、少ないなんかは普段暮らしていると意識する機会は少ないですからね。


特にイメージの良い港街は坂が多く、本来は不動産開発するのが容易ではなく住むにも相当な負担があるんです。


神戸市なんかは斜面都市として有名ですね。



イメージが良くても実際住んで見ると移動負担が多い場所って結構あるんです。

特に、これから急速な高齢化が進みますから、高低差の多い場所の不動産価値は将来的に大きく落ちていくことは全国的なトレンドになると見ています。


ミクロな視点でみると宇都宮市内でも山を切り開いて開発されたような、高低差のあるニュータウンはのきなみ人気が大きく落ちています。

昨今は、高齢者になったときのことも考えてマイホームを購入する方も増えてきました。

そのため分譲マンションや、戸建てでも平屋の人気が上がってきています。


当然ですが、立地としても高齢化した時に住みづらい場所は敬遠されます。(^_^;)




宇都宮市にも弱点もあって、坂が少ないのはメリットですが、特に駅東エリアは公共交通の便が非常に悪く、マイカーがないとかなり不便です。


そんななか、LRT(次世代型路面電車)が2022年開通することは非常に大きなチェンジとなります!


北関東3県は全国トップ3の自家用車普及県で、最もマイカー所有の少ない東京の3倍もマイカー所有しています。


つまり、、公共交通の便が悪いので、3倍もマイカーに依存しなくてはならず、その分コストが掛かることになります。


公共交通の便が格段に便利になれば、マイカー維持の高負担をしなくても快適に生活できる場所になりますからね。





他は、他県から特に首都圏から引っ越しされてくる方から言われることが多いのが、

冬の寒さがキツイことです。

内陸部の都市なので、寒暖差が大きいので夏は良いのですが、冬の朝晩の寒さはたしかにきびしい場所であります。


ただ、これもどこから引っ越しされてくるかなんですよー(*_*)



以前、新潟から引っ越しされた方と話していて、『宇都宮は冬にほとんど雪がふらないのですごーく住みやすい!』と聞いたと時は驚きました。


そうか、、日本には豪雪の都市がたくさんあってそういった場所では雪に対する労力が必要なんですよね。


そういった事情があるのか、昨今は冬に雪の多い場所から、宇都宮市に移住してくる方も結構増えています。




あとは、やっぱり宇都宮市レベルの人口50万人以上の都市で津波の心配がないのは大きいでしょう。


日本全国の大都市の多くは常に津波の危険に直面しています。


先日、大きな台風が日本中で被害を出しましたが、人口が減少していくなか、災害に対する許容度は都市の価値として年々大きくなっていくと見ています。




いろいろ考えてみましたら、メリットはなんといっても広域首都圏に位置していて、平坦な都市であり、劇的に公共交通の利便性が向上する点でしょうね。



デメリットとしては、冬の朝晩の寒さでしょうか。。


これは確かにきびしいところですが、、ただこの部分は、寒さに対しての住宅や建物仕様に関する部分が大きいと思いますね。

最近の住宅は寒冷地仕様の建物も増えましたが、まだまだ寒い家も多いです。(^_^;)



ただ、分譲マンションなんかや寒冷地仕様の家に住めば、冬の寒さもほとんど問題にならないでしょう。



LRTが開通して、バス路線の再整備も完了したら、老若男女問わずかなり住みやすい街になることは間違いないと思います!

マイカー依存型の都市って、マイカーに支出の多くを負担させれられますからね。

人口が減っていく日本の中でも、宇都宮市はポテンシャルが高く、今後も発展が期待できる数少ない都市であることだけは間違いないでしょう。


★荻原功太朗の業務について★

私、荻原功太朗(宅建士・不動産コンサルティングマスター)は資産家の皆様を対象とした、投資物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きます。
【私個人へのコンサルティング依頼は、現在残り1枠のパートナー様のみに限定させて頂いております。】ご相談はすべて有料とさせて頂いております。詳細はこちらにお電話ください→【028-908-0880】

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓
↓ 不動産最新情報 ↓


このブログの人気の投稿

【宇都宮駅東口の駅前再開発にあの高級マンションブランドが!?】投資の好循環が始まり、地価上昇はますます続く!?

【2020年版!宇都宮市で販売予定の分譲マンションを独断評価!Vol.1】街の動向から将来性を考えてみたら!?

【続き→2020年版!宇都宮市で販売予定の分譲マンションを独断評価!Vol.2】街の動向から将来性を考えてみたら!?