2019年10月14日月曜日

【台風19号で宇都宮駅前の田川が氾濫!大通り周辺に泥水が流れ込む!】中心市街地周辺のハザードマップを確認してみたら!?

記録的な豪雨をもたらした台風19号の影響で、JR宇都宮駅のすぐ近くを流れる田川が氾濫しました!!

【台風19号】浸水に動揺と落胆 県都に泥堆積、舞う埃 宇都宮・田川(下野新聞)



我が家も中心市街地にあるので、心配していましたが、宮島町十文字までで水がおさまり、、なんとか無事に済みました。。(-_-;)

しかし、数10メートル先は水害の被害で泥だらけになっていて、近所の方々の水害の被災の様子を見るとなんとも複雑な気持ちになりました。

今回の台風で関東エリアは至るところで河川が氾濫しましたが、氾濫したとはいえ、他県や佐野市のような川の堤防が決壊したわけではないので、

幸い台風一過の翌日のお昼前には、水がすべて引いて夜の水がウソのように無くなっていましたね。

ですが、、JR宇都宮駅西側の一体は泥の吐き出しと流れ着いたガレキの処理に皆さん追われていました。

いつもは申し訳なさ程度しかない水量の田川が氾濫するとあって今回の台風による豪雨の凄さを実感しました。

ツイッターなんかを見てたら被害の全容がリアルタイムで続々アップされていましたね。

それに引き換え、こんな災害の最中に民法テレビ各局がバラエティ番組を流していたのには驚きました!(-_-;)

民法テレビの情報は本当に約に立たないし、終わりをつくづく感じました(-_-;)

一方、ツイッターには随時災害情報がリアルタイムに様々な方の情報がアップされていて本当に助かりました!

やっぱり災害時は情報のスピードが最優先なので、現時点ではツイッターが最強ですかね(*_*)

まだアカウント持っていない方は、災害用にとりあえず登録だけは済ましておいたほうがいいでしょう。



昔から中心市街地に住むとある老賢人に以前聞いた話で、川の近くの地名を見て水に関わる名前がついた場所には住むもんではないと言うことが現実になりました。

私が生まれる前(40年以上前?)にも田川が氾濫したことがあったようでその時の話と、今回の被害とまったく同じような状況でした!


被害が大きかったのは駅周辺で少し北の錦エリアには管理物件があったので様子を見に行ったのですが、川のすぐ近くでも水が全然来ていなかったのには驚きました。

日本に住む以上災害は身近にあるのだと痛感しましましたね。(^o^;)


不動産の価値は災害危険度とも密接に連携していますが、意外とこの点は忘れられがちなんですよ。

ということで、災害ハザードマップを改めて確認してみました。



田川が氾濫したのに、すぐ目の前のJR宇都宮駅はまったく被災してないのには驚きました!(*_*)

ハザードマップを見ても宮の橋から西側に水が流れ込むようですね。

駅東エリアは洪水の影響がほぼ無さそうなので今回の件をきっかけに改めて不動産の価値として災害許容度が注目を集めるでしょう。

洪水以外では八幡山のすぐ脇の大曽エリア(赤門通りの西側)が土砂災害危険地域に指定されています。

物件を探す際にはこのエリアのリスクを理解して判断を下す必要性があるでしょう。


泥水やガレキの影響はあったとはいえ、他の河川の堤防決壊などと比べれば水も引いているので比較的に被害が少なくて済んだのは何よりだと思います。

堤防が決壊したような場所では2週間以上も水がひかないようなので、これからがたいへんですね。

不動産の価値は一に立地、二に立地、三に立地とほぼ立地に集約されますが、利便性だけでなく、災害に対する許容度もしっかり確認する必要性が今回改めて実感しました。


ハザードマップのリンクを貼っておきますので、皆様もご確認することをオススメします! →宇都宮市の水害ハザードマップはこちら


★荻原功太朗の業務について★

私、荻原功太朗(宅建士・不動産コンサルティングマスター)は資産家の皆様を対象とした、投資物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きます。
【私個人へのコンサルティング依頼は、現在残り1枠のパートナー様のみに限定させて頂いております。】ご相談はすべて有料とさせて頂いております。詳細はこちらにお電話ください→【028-908-0880】

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓
↓不動産最新情報!↓