2019年4月23日火曜日

【変わるマイホームのかたち!?】平屋の新築増加で求められる不動産も変わる!?

注文住宅の建築会社を経営している友達と会食して近況を聞いていたら、宇都宮市内で平屋の需要が増加しているとのことでした。

子供が独立した将来を見越して、郊外に注文住宅を建てるなら、高齢になっても住みやすい平屋にしたい需要が増えているようです。

これは宇都宮市内だけでなく全国的なトレンドのようですね。

じわり広がる平屋人気(日経XTECH)



そういった背景から、宇都宮市内郊外でも面白い2極化が出てきてます。

土地の形の良い、整形地で日当たり良好で、なおかつ80坪以上あるような土地物件の需要が増えています。

注文住宅を建てるユーザーは、建物に予算を多くかける傾向がありますから、土地は必然的に価格が安い、郊外でも人口密度の低い場所になってきます。

しかし、去年バズったエントリーでも書いたように、

【宇都宮市のコンパクトシティ化で郊外の土地が急変!?】開発規制で郊外の土地の価値は消滅か!?



宇都宮市は郊外の市街化調整区域の宅地化に制限をかけることになったため、平屋に求められるようなロケーションの良い物件はこれから急速に減少していくのは確実です。

50坪くらいの土地に平屋だと、家族で住めるような広さにはならないですからね。

そう考えると、80坪以上ある整形地でなおかつ日当たり良好な土地の価格は意外と安定するでしょうね。

逆に、街の都心から離れた郊外で中途半端な坪数40坪前後なんかの土地の価値はどんどん落ちていく一方でしょう。

同じエリアでも求められる物件とそうじゃない物件では大きな価値の差が出るのは今の2極化の流れで鮮明になってきています。


結局、郊外に土地を買うなら、時代にあった坪数 (できれば100坪以上)で、なおかつ道路付けが良く、日当たり良好じゃないと将来価値が出にくくなっているんですよね。

郊外で40坪前後しかない土地で、道路付けや日当たりの悪い物件なんかは、どんどん需要がなくなる一方でしょう。

将来的に価値がなくなるような物件に『今』お金を支払うのは、愚かな選択です。


逆に、長い目で見て将来の需要がどのようなトレンドになるかがわかれば、購入する価値のある物件も簡単にわかるはずです。


しかし、将来的に郊外は人口密度が急速に減っていくのは確実なので、10年後くらいには、郊外の不動産は供給が需要を大きく上回るのは確実です!(-_-;)

そうなった時に、郊外で価値ある物件と言えるのは本当に限られたごく一部のロケーションの良い物件だけで、ほとんどの物件は価値が0に近づいていくことになるでしょう。

実際、県北の矢板市あたりの物件は、どんどんタダ同然の価格(数万円程度)で不動産業者が買い取っている事例が増えています。

つまり、すでに価値がゼロなんです。

タダでもらってしまうと、贈与税がかかってしまう可能性があるので、交通費分くらい払って買い取っている状況です。


いずれこの平屋ブームもどこかで落ち着きを見せるでしょう。

実際、いくら平屋で高齢者になっても住みやすい設計にしたところで、マイカーに依存するような場所だったら、車に乗れなくなったら住めません。(^o^;)


しかも、最寄りのスーパーなり、病院なりはどんどんなくなっていく一方ですからね。


不便を受け入れた『スローライフ』も若いうちは良いでしょうが、高齢になったら、大変です。

庭の手入れ含め、広いお家を維持するのは高齢者には一苦労です。



そう考えると、最終的に街場の分譲マンションに住むのが管理の手間も含めて一番ラクな選択になっていくのは当然の流れです。


身も蓋もない話になってしまいますが、20年〜30年の長いトレンドみれば、街場の立地の良い分譲マンションの方が圧倒的に需要が伸びるのは明らかです。

一方、いくら高齢者でも住みやすい平屋だからって、中高年が積極的に郊外に移住しようという流れになることは考えられません。

あくまでも、ここ5年位のニューファミリーのブームであると考えています。



将来的に技術革新があり、『完全自動運転車』でもできて、誰でも運転しないで自由に移動ができる世の中を期待する方も多いでしょうが、、、

それでも、徒歩でなんでもできる『街暮らし』の方が高齢者には圧倒的な利便性がありますからね。(^o^;)


いずれにしても、住宅地に求められる要素も時代のトレンドとともに常に変わっていきます。

中古物件の価値評価の低い日本で、建物に高額の投資をするの消費の側面が大きいです。

資産形成の側面で見れば、建物なんかタダ同然で手に入れられる中古物件をリノベして、土地に投資の比率を上げるのが、資産となる富動産を手に入れる当たり前のセオリーです。


★荻原功太朗の業務について★

私、荻原功太朗(宅建士・不動産コンサルティングマスター)は資産家の皆様を対象とした、投資物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きます。
【私個人へのコンサルティング依頼は、現在残り1枠のパートナー様のみに限定させて頂いております。】ご相談はすべて有料とさせて頂いております。詳細はこちらにお電話ください→【028-908-0880】

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓
↓不動産最新情報!↓