【購入者より売却者が重要なのは常識!?】不動産屋のホンネは買主さん軽視なのか!?

不動産売買仲介の仕事では、大きく不動産の【売却】と【購入】をサポートをする仕事に分けることができます。

不動産屋にとっては、売却しても購入しても、手数料は同じ(手数料の上限:売買代金×3%+6万円+消費税)です。

手数料が同じだから、買主さんと売主さん両方とも大切なのでしょうか?



結論から言ってしまえば、不動産業者が大切にするのは、

圧倒的に【売主>買主】になります。業界では常識です。



では、なぜ不動産屋にとって購入のお客さんより売却のお客さんの方が重要なのでしょうか。



売主さん>買主さんの理由とは?


不動産屋にとって、購入のお客様より、売却のお客様の方が重要なのは、不動産仲介の仕組みによります。

一般的な商売であれば、なにかモノを仕入れて、それを加工するなりしてお客様に売って利益を得ます。

もし、仕入れたモノが売れなかった場合、全部在庫になってしまいます。

それが食品であれば廃棄処分したり、在庫品をセールで投げ売りしたりして、損益を確定させます。


しかし!!
不動産仲介業にはこの【在庫】が存在しません!!

不動産の取引をしているようで、実際に扱っているのは【情報】だからです。


つまり、不動産仲介業とは情報を扱う、情報産業なのです。

当然、在庫処分もありませんし、仮に販売している不動産が売れなくても売上にならないだけで、困るのは売れない在庫をかかえた売主さんだけです。


他人のものを利用したり、他人に便乗したりして、利益を得るのが不動産仲介ビジネスの仕事です。



とはいえ、そもそもモノ【売却情報】がなければ誰も買いにきてくれません。

そのため、まずは売主さんからお任せいただく売却情報を集める必要があります。



不動産会社は売却の依頼を受けたら、営業活動を開始して、インターネット・チラシ・電話・来店で買いたい人を集め、物件を案内します。

買主さんが売却物件を気に入らなければ、他の売却物件を紹介します。

こうして、売りと買いのマッチングを行っていくわけです。



これらの全ての不動産取引は基本的に「売却」から始まっているのです。

「買いたい!」と言われても、そもそもモノ【情報】がなければ営業ができません。



そして重要なポイントが、不動産仲介の仕事が成約報酬なことです。

売りたい人・買いたい人を結びつけ、契約を成功させて、はじめて手数料としてお金がもらえる仕組みとなっています。



例えば、あるお客様が自社で所有している売却物件【情報】とマッチングしない場合は、他社が預かっている売却物件【情報】を紹介します。

そうして、買主さんが気に入る物件が出るまで【情報】を提供し続けます。


しかし、別の不動産会社Bから新しい売却物件【情報】が出てきて、買主さんがそちらの方に行って、購入が決まってしまった場合などは、最終的に物件を決めたこの不動産会社Bにすべての仲介手数料が支払われるため、今まで案内していた不動産会社にはまったくお金が入りません。(T_T)


更に、物件情報を抱え込む、悪徳業者の影響も関係してます。

残念ながら、大手、中小問わず、売主さんの利益に反し、【物件の囲い込み】をする業者があとを絶ちません。

→【不動産売買するなら大手それとも中小】驚きのデータからわかる事実とは!?



インターネットでの情報提供の普及もあって優良な物件ほど情報を囲い込み、自社だけでクローズ販売して利益を最大化しようとする業者が後を経ちません。
宇都宮市内の業者でもそんな業者がたくさんいます。

皆さんもネットを見れば簡単にわかるのでそちらは各自でお調べ下さい。
【自社サイトに他で見ない物件が多く掲載されていて、掲載物件数が少なければ、ほぼ囲い込み業者だと思ってよい。】


そうった事情からも、もし買主さんがすごーーく私のことを信頼してくれて
『取引は荻原さんにぜひお願いしたいです♪』なんて嬉しいことを言われたとしても。。。

そのお客様にマッチしそうな物件を他社が新たに預かってきて、ご紹介しようとしても【物件を囲い込み】されてスムーズに紹介できない。なんてことはよくあったりします。




どうしてもお客さんが、その物件が欲しくて、元付けの不動産屋に直接問い合わせしたら、すぐに案内できるとあっさり回答されたりする。。。

買主さん:『荻原さんにはとってもお世話になったけど。。。どうしてもB社で扱っている物件が欲しい!』ごめんね荻原さん。。


こんなケースが日常茶飯事です。(T_T)


不動産屋が買主さんのうまい話を信用しなくなるのはこういった事情からです。


たまにやたらと不動産屋の押し売り営業を警戒する買主さんがいらっしゃいますが、心配無用です。

そもそもいつでも浮気できる買主さんに押し売り営業するメリットは不動産屋にはないですからね。



不動産仲介業では、売主さんと直に取引できる環境がなければ、ろくに商売はできないのです!

ですから、業者はつねに売主さん探しに必死です!

皆様は知らないと思いますが、膨大な広告コストを使って売主さんを集客するためにしのぎを削っています。



例えば、【不動産売却】なんてキーワードで検索した時に出てくる広告のコストは今の相場で、ワンクリック、数千円したりします!!(*_*)

また、皆さんが興味本位に不動産の一括査定サイトに依頼しただけで、業者は膨大なお金を先行投資することになります。

一括査定サイトから査定情報を1件取得するのに、宇都宮市の物件で1万円~2万円ほどかかります。
それを数社に情報提供するだけでお金になる査定サイトはウハウハです。。。



『不動産屋はちょっと動いただけで、たくさん手数料もらえていいよなぁ~~』

なんて思う方も多いでしょうが、


実際には売却物件【情報】の取得に膨大な広告コストや労力を投入して、はじめて仕事がスタートできる環境が整います。


査定の情報を取得できても、実際に売主さんから仕事の依頼が取れなければ、ドブにお金を捨てたのと同じになります。

実際、一括査定なんかではちょっと興味本位で価格が知りたかったなんてユーザーも多いので不動産屋もスレていきます。。。トホホ。。。


そして!仮に物件を預かれても、売れなければ1円にもなりません。


取引が成立してはじめてお金が頂ける。


物件を預かれても、契約までいたらず、お金にならないケースも多々あります。

取引成立までの道は険しいのが現実です。



他の商売とちがって在庫リスクがない反面、【情報】を仕入れるのに、膨大なコストと労力が必要になり、その後の販売も同様にコストと労力が必要になります。



しかもすべてが、成功報酬。。。




そうは言っても、売却物件【情報】を仕入れられなければ何も始まらないのが不動産売買仲介の仕事です。


そういった事情から、現状は不動産屋にとっては【売主様・様・様】な状態です。

逆に、本当に取引してくれるかどうか不透明な買主さんの価値はどうしても低くなりがち。



ただしこれから、人口減少が本格化して、空き家が急増するのは間違いありません。

近い将来、需給のバランスが崩れて、【買主さん>売主さん】ポジションチェンジすることも十分考えられます。

現に賃貸市場ではそうなっています。

昔の大家さんはドヤ顔で威張っている方が多かったですが、今は客付けに強い不動産屋の方が立場が上になりました。


立地の良い場所以外は、【買主さん>売主さん】に立場が逆転していくでしょうね。

★荻原功太朗の業務について★

私、荻原功太朗(宅建士・不動産コンサルティングマスター)は資産家の皆様を対象とした、投資物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きます。
【私個人へのコンサルティング依頼は、現在残り1枠のパートナー様のみに限定させて頂いております。】ご相談はすべて有料とさせて頂いております。詳細はこちらにお電話ください→【028-908-0880】

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓
↓ 不動産最新情報 ↓


このブログの人気の投稿

【宇都宮駅東口の駅前再開発にあの高級マンションブランドが!?】投資の好循環が始まり、地価上昇はますます続く!?

【2020年版!宇都宮市で販売予定の分譲マンションを独断評価!Vol.1】街の動向から将来性を考えてみたら!?

【続き→2020年版!宇都宮市で販売予定の分譲マンションを独断評価!Vol.2】街の動向から将来性を考えてみたら!?