【急成長している観光・宿泊需要!】栃木県の意外な順位とは!?

日本全国で宿泊需要の増加傾向が続いています。

特に外国人観光客の増加は目を見張るものがありますね。




観光庁が公表している、栃木県の宿泊客数のデータが興味深かったので考察してみました。


まず、、、驚いたのが年間の宿泊客数!!

栃木県内の直近2017年の宿泊客数の合計は、、
なんと、、

年間1千万人を超えています!!


正確な数字いうと、年間1022万4250人が県内に宿泊したと公表されています。



確かに、栃木県内には、世界遺産を持つ日光市や那須などのリゾートも豊富にありますし、宇都宮市内もビジネスユーザーが多いのである程度の宿泊客数がいるのはわかりますが、、、

まさかの、、、


全国14位と大健闘している順位なのです!!


1位は文句なく、東京都で2017年の宿泊客数は、5994万9670人です!(*_*)

ちなみに

2位 北海道 3555万6950人

3位 大阪府 3321万2480人


となっております。。


順調なベスト3ですが、、、観光地として近年外国人観光客が急増している

京都府が、8位 1892万1720人 となっていることを考えると、栃木県内にいかに多くの宿泊客が訪れているのがわかると思います。



宿泊客数の伸びを見てみますと、、

直近7年間で、870万人→1022万人 と 17% も宿泊客が増えています。


宿泊客数の伸びは、栃木県内に限ったことではなく、日本全国で7年間で
4億1723万人→5億959万人 と 22% も増加しています。

栃木県内は7年間で宿泊客数が大幅に増えたとは言え、残念ながら伸び率は全国平均を下回っています。( ;∀;)


ちなみに宿泊客数の伸び率トップなんと!!

千葉県で 1596万人→2464万人 と 7年間で 54%の大幅増となっています。



宿泊客数の合計では、検討している栃木県ですが、、、

外国人に限った宿泊客数で見ると、残念な結果が出ています。


2017年の栃木県内の外国人宿泊客数はなんと、、、

わずか、、27万1810人 です。。。( ;∀;)


宿泊客の合計が1千万人を超えているのに、、、

外国人はわずか27万人だけ、、(*_*)


トップはこちらも東京都の1977万人。

2位は大阪府の1167万人。

3位は北海道の770万人となっております。


トップ3は宿泊客の30%前後が外国人なんですよね。


北海道なんか、ここ7年で外国人の宿泊客数が158万人→770万人 と、約5倍もの大幅増となっています!

去年、仕事で北海道を訪れたのですが、ホテルの建設ラッシュに驚かされました。

宿泊客数の伸びを見れば、建設ラッシュの理由にも納得がいきますね。


一方、栃木県は、このデータからもわかるように、外国人の旅行客が非常に少ないことがわかると思います。


栃木県の外国人旅行者が全体の宿泊客数に占める割合はわずか、、、

2.6%あまり、、、( ;∀;)


なんとも、悲しいデータであります。。。


しかし、、!!

悲観するばかりではない数字も出ています。


ここ7年間で栃木県内の外国人宿泊客数はなんと、3.5倍あまり増加しているのです。

7年前はわずか、、年間7万7300人しか外国人の宿泊客はいなかったのですね。。


ちなみに、日本全体でみると、外国人の宿泊客数はここ7年で1841万人→7969万人と、4.3倍もの大幅な伸びを見せています!!


ここでも、全国平均の伸びを下回ってしまったのは残念ですが、この数字は今後十分に伸ばす余地があると思います。


県内には世界遺産のある日光をはじめ、自然豊かな観光資源が豊富にありますからね。

十分PRできれば、外国人観光客を大幅に増やせるでしょう。



人口が減少していく日本では、今後はいかに国外からお金を呼び込めるかが勝負になってくると思います。

少子高齢化が進行するほど、日本人に限った宿泊客数は大幅に減少していくことになるのは避けられないことです。

一方、成長著しいアジア圏からは今後膨大な観光客を誘致できるポテンシャルを秘めています。



アジアに開かれた栃木県を目指せば、観光業は大幅に成長する可能性があります。

宇都宮市においては、これから着工されるLRTの西側ルートを、大谷エリアまでつないで、外国人を含む観光客の誘致を行うべきでしょうね。


宇都宮市は近年、【餃子】による宿泊、観光客増に成功しています。

餃子の外国人へのPRはもちろん、大谷など、観光資源のPRやLRT開通後の街の魅力のアピールをうまく行えば、宿泊・観光業も大きな成長産業になると思います。


思考停止の負け犬老害になってしまうと、こういった地域の外から膨大なお金が流れる可能性があることを、理解できなくなってしまいます。


宇都宮市でいえば、LRT自体が大きな観光資源にもなります。

今までの延長線だけで考える狭い視野ではなく、世界中の人々が世界中を当たり前のように観光するようになった現実をしっかり理解して、外国からもしっかり成長の余波を受け入れられる、したたかさを宇都宮市には期待したいです。


★荻原功太朗の業務について★

私、荻原功太朗(宅建士・不動産コンサルティングマスター)は資産家の皆様を対象とした、投資物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きます。
【私個人へのコンサルティング依頼は、現在残り1枠のパートナー様のみに限定させて頂いております。】ご相談はすべて有料とさせて頂いております。詳細はこちらにお電話ください→【028-908-0880】

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓
↓不動産最新情報!↓



このブログの人気の投稿

【宇都宮駅東口の駅前再開発にあの高級マンションブランドが!?】投資の好循環が始まり、地価上昇はますます続く!?

【2020年版!宇都宮市で販売予定の分譲マンションを独断評価!Vol.1】街の動向から将来性を考えてみたら!?

【続き→2020年版!宇都宮市で販売予定の分譲マンションを独断評価!Vol.2】街の動向から将来性を考えてみたら!?