2020年6月3日水曜日

【悲報!】JR宇都宮駅東口の再開発、コロナの影響で高層ホテル開業が延期に!?

現在工事中のJR宇都宮駅東口の再開発事業にコロナの影響が出ると報道がありました!

複数の建物の中で、最も高層の地上27階建てで計画されていたラグジュアリーホテルがメインで入る予定だった複合施設の開業が未定となってしまったようです。(T_T)



宇都宮駅東口の高級ホテル、コロナ禍で開業未定に(日本経済新聞)

高級ホテル 開業に遅れ JR宇都宮駅東口整備 事業計画、コロナ影響(下野新聞)


やはり、、懸念していた事態が現実のものとなってしまいました。。

高度医療センターとの連携を視野に入れた、ラグジュアリーホテルということで、影響はないだろうとの噂もありましたが、、事業主体のタイのホテルグループ資金調達が難航したとのことなので、、撤退にになってしまいそうですね。。

新たな、5つ星ホテルを運営できる事業主を見つけないといけないでしょうし、コロナ禍の影響が数年規模で続きそうなことを考えると、もっとも高層で目玉の建物の計画が怪しくなってきました。。(-_-;)

以前から、開発はタイミングがすべてだと、ここで書いてきましたが、その通りになってしまいましたね。

ホテル関係の需要が急減していることから、東口だけでなく、JR宇都宮駅西口の再開発にも影響が出ることも予想されます。


ただ、ラグジュアリーホテルが入る予定だった棟以外の建物は、予定通り開業するとのことなので、とりあえずは一安心です!

立地的には超一等地で、しかも新交通システムと一体の開発になるので、日本全国を見渡しても魅力的な開発案であることは間違いないですから、いずれ他の事業主体が手を挙げてくれると見ています。

日光のリッツカールトンも5月開業予定が延期になってしまいましたし、しばらくホテルや宿泊施設関係の開発には急ブレーキがかかりそうなので、ゆっくり開発するしかなさそうです。

ホテル開発が抑制される分、分譲マンションの新規開発に一等地の土地が割安で振られることになるでしょうから、住宅ユーザーにとっては数年後に新築分譲マンションが割安に供給される可能性も出てくると思います。


東口の再開発事業については、宇都宮市は「提案通り最高級ホテルを開業してほしい」としているようなので、当分は他のホテルグループを探すことになりそうですね。

個人的には、星野リゾートとかが進出してくれるといいのになぁ〜と期待してます!

星野リゾートはこのコロナ禍のなか、新たなファンドを組成して攻めの姿勢を見せてますからね。

星野リゾート、総額100億円規模の 「ホテル旅館ファンド」組成(観光経済新聞)


今まで、海外に流れていた旅行者が国内に回帰することを考えると、私は国内のホテルの需要の戻りは早いとみています。

しばらくはインバウンド需要が見込めないことから、鍵はシニア世代の消費になるでしょう。

国内消費の金額ベースだと、半分以上の消費が60代以上の高齢世帯で締められていますから、そこが国内に旅行しだしたら、一気にホテル宿泊施設関連にマネーが流れ出すと考えてます。


もともと日本はGDPのなんと85%くらいが内需の消費大国ですから、海外旅行していた人達が国内のあちこちに旅行しだしたら相当なお金が国内を循環することになりますから、景気を刺激する意味でも政府には旅行を後押しする政策を期待したいです!

コロナが落ち着いたら、高速道路を2年位無料化するとか、宿泊は消費税ゼロにするとか、国民全員に旅行券を配るとかの具体的な提案を早急に議論して頂きたいですね。

株価の動きをみると、マーケットは今後の景気は良くなると判断しているのがよくわかります。

下手なニュースやエコノミストの言うことなんか聞くより、『景気の先行きはマーケットに聞け!』が基本です。

マーケットはすべての情報を織り込んで、将来の経済予測をした『今』が反映されますからね。

このブログを書いている6月3日の日経平均株価はなんと22000円を上回りました!

金融のバブルが継続するところをみると、宇都宮市の駅前再開発のような魅力的な案件に手を上げてくれる事業主が早々現れると期待できます。

すべては、株価次第でしょうか。

株価を見ると、先行きは全く心配なさそうなので、私個人としてはコロナの影響が日本経済に与える影響は限定的だとみています。

特に、日本はみんなが思っているほど全く貿易に依存してません!

日本はGDPの85%あまりが内需で、貿易依存度が15%くらいと、アメリカに次いで世界第2位の内需大国なんです!

だから、自由貿易やグローバリズムを無理に求める必要はありませんし、日銀がお金をジャブジャブ刷って、国内マーケットにお金が回れば一気に経済も活気がでることになります。

10万円の給付も始まりだしたし、起爆剤となる追加の政策を打てば、国内は相当金回りがよくなることも考えられます。

追加の経済対策は、高齢者に配っても貯金しちゃいそうなので、その分をすぐにお金を使うであろう、若年層や子育て世帯に集中的にマネーを渡すのが得策だと思いますね。

いずれにしても、高値を更新しそうな勢いの株価を見ていれば、再開発の行方もそれほど悲観することはないでしょう。

★荻原功太朗の業務について★
私、荻原功太朗(宅建士・不動産コンサルティングマスター)は資産家の皆様を対象とした、投資物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きます。
【私個人へのコンサルティング依頼、ご相談はすべて有料とさせて頂いております。】詳細はこちらにお電話ください→【028-908-0880】

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓
↓ 不動産最新情報 ↓

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。