2016年11月18日金曜日

【住宅ローン金利上昇の兆し!!】国債の利回り急騰で今後どうなる!?

住宅ローン金利と大きく連動する、新発10年の国債利回りが急上昇しています!!




11月8日に、アメリカでトランプ候補の勝利が報告されてから、急騰しています。



これから、住宅ローンの金利も徐々に上昇していくでしょう。




同様にアメリカの10年長期国債も急騰中です!!





こちらも、大統領選挙終了後から急上昇してます。



日本の10年国債の過去1年の動きを見てみると。





なんと!!


今年年初から付けていた、マイナス金利から脱出!!

ついに通常のプラス金利に戻りました!!




今年の年初からはチャートが示すように、デフレにまつわるニュースのオンパレードで、デフレ企業の再復活が何かと話題になりました。(マクドナルドの復活など)


ようは、今年は再デフレしてたのです。。



当然ですが、不動産市場も今年は年初から勢いをなくし低迷していました。


これだけの、低金利でもデフレの期待が強まれば、誰も焦って物件を買おうとはしません。




今年よりも、来年はもっと安くていい物件が買えると思う方が多ければ、相場は低迷します。




しかし!状況は急展開を見せ始めています。


アメリカの新大統領就任後に、大きく政策転換されるとみられるため、早くもマーケットは反応しているのです。





長期金利とインフレ率は相関していて、今後物価が上昇することを示唆しています。



国内ではすでに、金利の上昇に伴い、株価も上昇し始めました。






さてさて、今後どうなるかを予想してみますと。。



アメリカやイギリスの流れから、脱グロバーリズムの流れは世界中で加速するものと、思われます。


それにより、日本ではやっと。。。失われた20年の出口、デフレからの出口が見えてくるものと思われます。





思えば、長い間。。グローバリズムを推進してきて、皆様にいいことありましたか??


派遣の急増や、給料が上がらないの当たり前になったり。。


増税で負担ばかり増えているのに、所得は増えない。。



世界中で得をしたのは、上位1%の大金持ちだけ、という事実。。。(_ _;)





いい加減、目を覚ました、イギリスとアメリカ。


日本と比べて、自由化を更に推し進めた国々から、【グローバリズムにNO!】の大きな政策転換!




これから、『デフレ&低金利からの転換』を予想しているのが今のマーケットの判断です。






日本でもこれから、ローン金利が上昇トレンドに入ることが予想されます。



住宅ローンのような、大きな金額を長期で組むローンは、金利が1%違うだけで負担が大幅に増えてしまいます。


マイホームを検討している皆様は、早めに動くのが得策の局面になってくるでしょう。

★荻原功太朗の業務について★

私、荻原功太朗(宅建士・不動産コンサルティングマスター)は資産家の皆様を対象とした、投資物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きます。
【私個人へのコンサルティング依頼は、現在残り1枠のパートナー様のみに限定させて頂いております。】ご相談はすべて有料とさせて頂いております。詳細はこちらにお電話ください→【028-908-0880】

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓
↓ 不動産最新情報 ↓