2016年8月16日火曜日

【ノウハウ本やセミナーでは教えてくれない!?】不動産投資で不労所得は夢のまた夢なのか!?

昨今の不動産投資ブームで、ノウハウ本やセミナーでは。。






『貯金がなくても大丈夫。自己資金0円からの不動産投資!』


とか


『年収◯◯◯万円(低収入)でも、フルローンで賃貸マンション経営ができる!』


とか


『派遣社員(低俗性)だった私が、融資を受けて不動産投資で成功できた理由!』





などの、目を引くタイトルで、


一攫千金、不労所得を得たい皆様の興味をそそる謳い文句が世にあふれています。









このようなノウハウは、不動産投資の原則から大きく外れています!






そもそも、不動産賃貸業は


もともと、


土地を持っている地主さんのための


ビジネスでした。








私は、代々の土地持ちや資産家の皆様の不動産コンサル・不動産管理を主な仕事としておりますので、


昨今のサラリーマン大家さんを煽って、オーバーローンを組ませるやり方には常に疑問を持っています。









地主さんは、そもそも広大な土地を持っています。



所有不動産を、有効活用する選択肢の1つが賃貸経営となります。





一方、これから不動産投資を行いたいと考える一般投資家は、土地を含めて物件を購入しなければなりません。







つまり、賃貸経営を始めるにあたり、






地主さん(建物の投資だけ)>サラリーマン大家さん(土地+建物の投資が必要)







当然、損益分岐点は地主さんが圧倒的に低くなり、経営するには有利な立場になります。




サラリーマン大家さんは、この不利な状況で賃貸経営をスタートしなければならないのです!










さらに、融資の条件も違います。






担保となる土地を持っている地主系大家さんは、金融機関がお金を貸したい存在。


一方、担保のないサラリーマン大家さんは、金融機関がお金を貸したくない存在。




リスクの高い、サラリーマン大家さんは高い金利負担を甘んじて受け入れるしかありません。








つまり、賃貸経営ではスタート時点で、

地主系大家さんが圧倒的有利な立場なのです!







この不利な状況を理解して勝負を挑むには、相当な覚悟が必要です!




サラリーマン大家さんが地主系大家さんと入居者獲得の戦いをする賃貸経営では、不労所得などという考えを捨てることから始めなければならないでしょう。




地主系大家さんのように、何でも外注していては、利益はほとんど残りません。


サラリーマン大家さんは誰にも頼れず、経営戦略や戦術含めて、すべて自分で考えて行動しなければならないのです。




場合によっては、小規模リフォームなどはご自分でやれるほどの器用さも必要になってくるでしょう。






数ある投資がある中。。


わざわざ不利な戦いになる戦場を選ぶのは、どうなのでしょうか。。





よほど不動産の知識や建築の知識がある方以外にはお薦めできません。






更にこれから、賃貸経営は人口減、世帯数減が確実なので

相当厳しい状況になることが確定しています!




今でも、地主系大家さんですら経営が厳しいのに、サラリーマン大家さんが利益を上げて安定的に収入を得るのは、相当至難の業になります。






『融資を受けられて、物件を買えた!』と喜んでいるようではこの先が思いやられます。


物件を買ってしまったら、不利な戦場で生き延びるため、常に走り続けなければならないのです。






オーバーローンを組んで、身の丈に合わない、不動産投資をするのはとても危険です。




一攫千金や不労所得を得たい気持ちもわかりますが、


まずはコツコツ、自己資金で買える物件から始めるのが賢明ではないでしょうか。










★荻原功太朗の業務について★

私、荻原功太朗は資産家の皆様を対象とした、投資物件と事業用物件の限定情報のご紹介、コンサルティング業務を担当致しております。不動産売買のご相談についても、ご指名頂ければ対応させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

宇都宮の不動産売買のことならお気軽にご相談下さい。
↓ 株式会社サンプラン ↓


宇都宮市の不動産査定、買取も行っております♪